FC2ブログ

「運び屋」について

※あくまで映画の感想です。
08 /30 2019
【監督】
クリント・イーストウッド

【出演】
クリント・イーストウッド

【登場人物】
・アール:家族と疎遠になった老人。安全運転第一で無事故無違反。

【内容】
アールはひょんなことから麻薬の運び屋をすることになる。
回数を重ねていくにつれ、麻薬密売組織のボスにも信頼されるようになる。
それに従って、大量の輸送を任されるようになる。

一方、警察がその存在に気づき、逮捕に向けて動き出す。

(以下、ネタバレ)




孫との親交―

組織のボスの世代交代―

警察とのすれ違い―

妻の死―

娘との仲直り―

組織からの追跡―

それらを経て、アールは警察に逮捕される。

【個人的評価】
3点(5点満点)
こういう内容だけに常に緊張感があって夢中で見られました。
_
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

kekemute

主に個人的な趣向及び偏見満載の映画鑑賞メモを書いてます。

記事内に出てくる「個人的評価」の目安は以下の通りです。
0 … 途中までしか見なかった。
1 … 視聴時間を返してほしい。
2 … 可もなく不可もなく。
3 … 見て良かった。
4 … また見たい。
5 … メディア購入希望。

嫌いなジャンルは、時代物(東洋西洋限らず)、宇宙物、海洋物、自動車物、戦争物、ファンタジー、子供が主役の物、等々。結構多いです。

好きな作品は、「レザボアドッグス」「パルプフィクション」「ロックストック&トゥースモーキンバレルズ」「スナッチ」「アウトオブサイト」等々です。